UA-61390701-3
  1. TOP
  2. ワキガ
  3. デトランスαの効果なら多汗症でも普通の生活が送れるようになる理由

デトランスαの効果なら多汗症でも普通の生活が送れるようになる理由

デトランスαは多汗症の尋常じゃない量の汗でも効果があるのか?・・気になりますよね。

きっと市販のデオドラントでは、全くと言っていいほど汗を抑えられなかったのではないでしょうか?

それもそのはずです・・・多汗症は普通の人が想像できないくらいの汗をかいていますからね。。

いつでも汗を拭えるように常にタオルを持ち歩いたり、少しでも汗が目立ちにくい洋服選びをしたり・・・恥をかかないように影の努力が欠かせませんよね。

多汗症を手術で治療しようとしてもそれなりの費用はかかりますし、体への負担や副作用、完治する保証もないとなると八方塞がりで余計に辛くなってきます。

デトランスαは日本人よりも体臭が強いと言われている欧米で、最も支持されているデオドラントで、何よりも汗を抑える強力な「制汗力」が持ち味なんです。

管理人
デトランスαは多汗症の医療現場でも実際に使われてるんやで

「普通のデオドラントではダメだった・・・でも手術はちょっと・・」と思っているあなたに、デトランスαの効果や、実際に私自身が使ってみた感想をお伝えできればなと思っています。

本記事をデトランスαを購入するに前に必ずチェックして下さいね。

 

デトランスαは多汗症に効果ある?

デトランスαが多汗症に効果がある理由は、他のデオドラントとは汗を抑える仕組みが根本的に違うからです。

今までたくさんのデオドラントを試しても効果がなければ、デトランスαも同様に、

「どうせ使っても意味ないんじゃないか」

「ただお金を無駄にするだけ」

と疑ってしまいますよね。

「もう自分の多汗症は改善されないんじゃないか・・」と諦めたくなるのも無理はないです。

しかし、先ほども言ったようにデトランスαは「制汗方法」や「防臭方法」が、他のデオドラントと全く違います。

なぜデトランスαが多汗症に効果があると言えるのか?その理由を説明していきますね。

 

理由1、デトランスαは「制汗」ファースト

そもそも日本と欧米諸国ではニオイ対策に対する考え方が違います。

私たち日本人は、ワキガと腋窩多汗症(ワキの多汗症)は全く別の症状だと理解していますよね?

しかし欧米では「ワキガ」という概念はなく、ワキガと腋窩多汗症は同等のものとして扱われています。

なぜなら、欧米では70〜90%の人がワキガ体質なため、ワキガは珍しくともなんともないからです。

反対に日本人のワキガは少数派なので、ワキガ=クサイ人と思われてしまいます。。

人種別ワキガの比率

・日本人→10〜15%
・欧米→70〜90%
・黒人→約99%
・中国人→3〜5%

※参考文献:デオドラント革命 五味常明(五味クリニック院長

欧米の医院ではワキのニオイを取ることではなく、汗を減少させる治療がメインで行われてます。

デトランスαが多汗症に効果がある理由は、制汗を重要視する欧米で支持されているデオドラントだからです。

 

理由2、デトランスα独自の制汗システム

デトランスαは汗腺の菅を細くして汗の発汗そのものを抑える独自の制汗システムです。

ダイレクトに汗腺に働きかけることができるため、通常のデオドラントに比べて明らかに制汗力が強いです。

日本で販売されているデオドラントは、ニオイを抑える殺菌効果を強く打ち出しており、制汗力にはあまり力を入れていません。

ご自宅にあるデオドラントの成分表を見ていただくと、おそらく「フェノールスルホン酸亜鉛」や「クロルヒドロキシアルミニウム」と記載されている商品が多いと思います。。

これらの成分は肌にやさしく低刺激なので、顔やデリケートゾーンにも使えるメリットがありますが、肌の表面のみに作用するため残念ながら制汗力は強くありません。

デトランスαに使われている「塩化アルミニウム」は、痒みや痛みを感じてしうまうデメリットがありますが、皮膚科やクリニックなどの医療現場で実際に処方されているくらい、制汗力の認められている成分なんです。

※制汗力があまり重要視されない理由※

多汗症でたくさん辛い経験をしてきているのに、「汗を抑える効果は二の次」となると、なんだか見放されたようでな悲しい気持ちになってきますよね。。

しかし、これには理由があります。

池袋西口皮膚クリニック院長藤本智子氏の論文によると、原因のはっきりしない「原発性多汗症」に苦しむ患者数は調査の結果、

・腋窩が 5.75%
・手掌が 5.33%、
・足底が 2.79%、

ということがわかったそうです。

日本人は10〜15%がワキガと言われているのに対し、多汗症患者の数は2〜5%くらいなので、さらに少数派だということがわかりますね。(参考資料はこちらからどうぞ。)

塩化アルミニウム入りデオドラント比較

強力な制汗力を持つ「塩化アルミニウム」が配合されているデオドラントは、デトランスαだけではありませんが、商品によって含有率が異なります。

もちろん、単純に塩化アルミニウムの量だけでは制汗力は測れませんが、それでもトラスαの含有率は高いですね。


デトランスα
税込3500円

開発国:デンマーク

塩化アルミニウム20%

オドレミン

2567円〜

開発国:日本

塩化アルミニウム13%

ドリクラー

2070円〜

開発国:イギリス

塩化アルミニウム20%

サーテンドライ

1350円〜

開発国:アメリカ

塩化アルミニウム6%

オドレミンは唯一日本の商品ですが、塩化アルミニウムの含有率は13%ですね。

色々調べてみたのですが、日本の法律(薬事法?)では塩化アルミニウムの含有率は13%が上限のようです。

そう言われてみると、薬局などで市販されているのも見たことないですね。。

やっぱり日本は多汗症後進国なんだなと強く思いました。

日本人の肌に合う・合わないはあるかもしれませんが、制汗効果は海外のデオドラントの方が信頼できるような気がします。

とは言っても、下手に名前も知らない海外の製品を使うのはなんだか怖いですし抵抗ありますよね・・・。

その点デトランスαは海外製でありながらにすでに日本で100万本以上を販売した実績があるので安心ですね。

\今なら40%OFF!先着で特典付き/

 

デトランスαで解決できること

「会社の制服がブラウスでワキの汗じみが目立つから手を挙げることもできない」

「手汗のせいでスマホが反応しない」

「靴にシミができるくらい足の汗が尋常じゃない」

など、同じ多汗症でも人によって場所・量・原因は異なりますが、デトランスαなら幅広く汗やニオイの悩みをカバーすることができるんです。

 

手足の多汗症にも効果がある

デトランスαにはワキ用と、手足用があります。

  • ワキ

この3つの部位は局所性多汗症を発症しやすい場所なので、自身の症状に合わせて使い分けることができます。

多汗症は全身から汗が出る「全身性多汗症」と、体の一部分から大量に汗をかく「局所性多汗症」があります。

多汗症が発症する原因は、バセドー病、結核、急性リウマチなどの病気と合併して発症する場合もありますが、多汗症患者の多くは原因がわかってません(原発性多汗症)。

「汗をかいてはダメだ」と思うことで神経症症状(心が原因で起こる精神障害)が出て、余計に汗をかいてしまうケースもあるそうです。

参考文献:デオドラント革命 五味常明(五味クリニック院長

手の多汗症(手掌多汗症)は、普段の日常生活にもかなり影響していまいますよね。

好きな人と手をつなぐのも躊躇したくなりますし、仕事で重要な書類が汗でフニャフニャになったり、急な握手に対応できず不審に思われたり・・・好きで汗をかいてるわけじゃないのに苦労が多いですよね。

「手に汗握る」という言葉があるように、緊張したり、興奮した状態になると手から発汗しやすくなります。

手掌多汗症の人は、「真面目な人」や「完璧主義者」、「思いやりのある人」などが多いそうです。

常に周りの人に気を遣い、仕事においてもミスをしないよう細心の注意を払っているため、無意識に緊張してストレスを溜め込む結果、手から汗が出てしまうそうです。

相手を思いやった結果、手汗になって余計に人のことを気にしてしまうなんて・・・やるせないですよね。

ほとんどの大人は「手汗が多汗症で病気なんだ」と認知したらすぐ理解できます。

なぜなら、もし自分がそうなったらどうだろうか?じぶんの大切な子供がそうだったらどう思うだろうか?と考えことができるからです。

手汗をいちいち不快に思うような思考力・想像力のない子供のような大人をまともに相手にする必要はないです。

だから、多汗症でも本当は気にしなければそれで問題ないことだと私は思います・・・が、実際はなかなかそう思うのは難しいですよね。

少し脱線してしまいましたが笑・・・もともと手のひらや足の裏はエクリン腺がたくさんある部位なので、汗をかきやすい場所です。

デトランスαを手に塗ることで、汗の通り道を塞ぎ、汗腺にフタがされることで手汗を抑える効果があります。

手汗を抑えることで、「ちゃんと手汗を抑えられるんだ」と心で認識し直すことで、実際に手汗が減少する効果も期待できます。

\今なら40%OFF!先着で特典付き/

 

デトランスαはワキガ対策にも効果抜群!

多汗症と腋臭症(ワキガ)が同時に発生したとしても、「それぞれ別の方法で対策しなけきゃならないから、大変・・」と、考える必要はありません。

外出するのも嫌になってしまいますが、デトランスαには多汗症だけでなく、ワキガにも効果があるんです。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類あります。

・エクリン腺・・・・体温調節などの機能を持っている。多汗症はエクリン腺による汗が原因

・アポクリン腺・・・強いニオイを発生させ、ワキガの原因となる汗を分泌させる。フェロモンの名残と言われている。

ワキガはアポクリン腺から分泌された汗が雑菌によって分解されることで発生します。

日本のデオドラントは肌の表面に塗って、汗をかいてしまった時に雑菌が発生させないようにする仕組みですが、デトランスαはそもそも汗をかかないように汗腺に直接働きかけます。

汗腺に蓋をして、汗の通り道を細くする仕組みになっているため、多汗症を発生させる「エクリン腺」、ワキガを発生させる「アポクリン腺」をそれぞれ塞ぐことができるのです。

 

多汗症は病院で治療した方がいい?費用は?

「手術しようか迷っている・・・でもリスクもあるし怖い」

多汗症に悩む人なら必ず一度はそう考えたことがあるはずです。

デトランスαがどれだけ効果があるかは、人によって個人差があるので一概に断言することは出来ませんが、病院で多汗症治療をするという選択肢もあります。

多汗症を病院で治療する場合と、デトランスαの費用を比較してみました。

腋窩多汗症 手掌多汗症 足蹠多汗症
デトランスα 3500円(税込初回) 3500円(税込初回) 3500円(税込初回)
ボットクス注射 約30000円(保険適用可) 約4〜70000円(保険適用不可) 約6〜90000円(保険適用不可)
手術 約30000〜円(保険適用可と不可がある) 約80000〜円(保険適用可と不可ある) 約350000円〜(保険適用不可)

ボトックス注射は比較的副作用が少ないですが、6ヶ月ほどで効果がなくなってしまいます。

反対に手術だと効果は長期間持続しますが、施術法によっては副作用が気になります。。

特に多汗症手術のリスクとして代償性発汗は怖いですよね。(お子さんの多汗症に悩む親御さんなら、子供の将来を考えてもなおさら怖いですよね。)

ほとんどの人に代償性発汗(手、顔、首などから出なくなった汗が背中お腹などの他の部分から出ること)が起こります。これで後悔する方もいます。代償性発汗は、増える方と減少する方がいます。術前に増える方の予測はできません。味覚性発汗といって辛い胡椒などを食べたときに顔から汗がふき出るという副作用が起こる方もあります。 その他稀に、上肢のしびれ、上まぶたの下垂、結膜の充血、鼻の通りが悪くなるなど、生じることもあります。これらは数日から数カ月で元に戻ります。 また予想もしない副作用が起こることがあるかも知れません。関東病院

もちろん、リスクを覚悟の上で手術を選択する方法もありだと思います。

「多汗症手術を受けて正解だったと」思っている元患者さんもたくさんいるわけですし、病院で診てもらって相談してみる価値はあります。

ちなみに多汗症で外来すると最初に、

  • そもそも多汗症かどうか?
  • 重症度はどれくらいか?

が医師によって診断されます。

多汗症の診断基準について

多汗症の診断基準は、以下の6項目から2項目以上満たす場合です。⬇︎以下引用

  1. 最初に症状がでるのが 25 歳以下であること
  2. 対称性に発汗がみられること
  3. 睡眠中は発汗が止まっていること
  4. 1 週間に 1 回以上多汗のエピソードがあること
  5. 家族歴がみられること
  6. それらによって日常生活に支障をきたすこと

さらに、以下の方法で重症度を判定します。⬇︎以下引用

自覚症状により

  1. 発汗は全く気にならず日常生活に全く支障がない
  2. 発汗は我慢できるが日常生活に時々支障がある
  3. 発汗はほとんど我慢できず日常生活に頻繁に支障がある
  4. 発汗は我慢できず日常生活に常に支障がある

の重症度に分類し、3、4を重症の指標にしている

(引用元サイト:原発性局所多汗症診療ガイドライン 2015 年改訂版

条件を満たし、医師から「重度の原発性多汗症と診断された場合のみ保険適用が認められます。

治療の流れとしては、まず最初に推奨されるのは外用薬(塩化アルミニウム)の使用です。

外用薬では効果がないと判断されると、ボトックス注射や手術による治療が提案されます。(多汗症の治療ガイドラインはこちらに記載されています。)

ちなみに・・医院によっては外用薬でデトランスαをそのままわたされるケースもあります。

それくらい医療現場でも信頼されている商品なのですが、病院で処方されると診察料などが加算されてかなり高額になってしまうので損してしまいます。

デトランスαを一番お得に手に入れる方法はこちらで紹介してます。

 

デトランスαでも副作用はあるの?

デトランスαは手術などに比べると副作用は少ないと言えます・・・が、デトランスαの成分「塩化アルミニウム」の性質上どうしても痒みなどが発生する場合があります。

デトランスαは塩化アルミニウムの含有率が20%と多いので、肌が敏感な人や、脱毛後で目に見えない小さな傷がある場合に特に痛みを感じやすいと言えます。

もし痛みを感じたら、直接患部に塗るのではなく、水を湿らせたコットンにデトランスαの液を染み込ませると濃度が薄まってかゆみが小さくなります。

患部をかきむしると「かゆみ」から「痛み」に変わってきてしまうので、かゆみがひどい時は使用を中止してむやみやたらかかないよう自分で調節しながら使ってみるとよいと思います。

デトランスαで「代償性発汗」などの副作用が起きることはないので安心してくださいね。

\今なら40%OFF!先着で特典付き/

 

デトランスαを使ったら汗が止まりました

デトランスを購入すると、紙の封筒に入って届きます。⬇︎

と、ここでいきなり気になる点がありまして。

封筒の右下をご覧ください・・・

おわかりいただけたでしょうか?笑

思いっきしで化粧品(?)や、デオドラントのイラストが入っていますね。。

これだと、配達員の人や家族には中身がバレてしまいますね。

自分のコンプレックスは人に知られたくないものだと思うのですが・・・代理店のyouupさんには是非改善していただきたいですね。

封筒の中身はプチプチでコーティングされているので中身はちゃんと保護されています。⬇︎

同梱されているものは、以下の通りです。⬇︎

  • デトランスα
  • デトランスα敏感肌用(サンプル)
  • 説明書
  • 明細書
  • チラシ

デトランスα(敏感肌用)のサンプルを先着で料で手に入れられるキャンペーン中だったのでラッキーでした。⬇︎

おそらく、「デトランスαを購入してみたけど肌に合わなかった・・」という人のために敏感肌用も一緒にプレゼントしているのだと思います。

デトランスαに返金保障制度はありませんが、こういう心遣いは嬉しいですね。

本体を箱から出して、蓋を取ると・・見ての通りロールオン式です。⬆︎

薬局でよく見かける水で溶かして使用する「ストーンタイプ」ではなく、先端がクルクル回っることで液体を拾う仕組みになっているのでそのまますぐ使えます。

さっそく使ってみます。

「クルクル・・」

「クルクル・・チクッ」

「クルクル・・」

「クルクル・・チクッ」

ワキ毛が先端のボールにはさまってよく抜けるのでワキ毛が多い男性は要注意です。笑

デトランスαを使うとアルコール度の高いお酒のような刺激臭が発生しますが、塗った時だけでその後は無臭なのでご安心ください。

※デトランスアルファの使い方にご注意※

1、デトランスαは夜寝る前に塗る

デトランスαは普通のデオドラントとは制汗方法がまったく違うので、使い方も独特です。
夜寝る前に清潔な状態のワキに塗って(汗をかいていたらキレイに拭きとる)、塗ったあとは服に液が付着しないように注意してください。

2、塗ったらしっかり乾かす

服に付着すると色落ちや変色の原因になるので、塗ったあとはワキが完全に乾くまで5分くらい服を着ないようにしたほうがいいですね。
付属の説明書をよく読んでから使いましょう。

デトランスαを1日使いました。⬆︎(今日も暑い日でした。。)

猛暑の中歩いたりもしたので「汗が全くのゼロ」というわけではありませんでしたが、今まで使った中で最高レベルの制汗力でした。

自分でワキに触れなくても「サラサラしてるな」という実感があり、いつも気になっていた服の汗じみも大丈夫でした。

あくまで私の個人的な感想になってしまいますが、デトランスαは医療現場で使われているだけあって、効果は折り紙付きですし、そもそも普通のデオドラントとは全然違うものだなと感じました。

しかし、使い始めた当初はやはり「かゆみ」が発生しました。

使い続けるとだんだん慣れてくるのですが、最初の1〜2週間くらいは正直かゆかったです。

かきむしったあと、デトランスαを塗るとチクチクした痛みが発生します。

そもそもデトランスαは夜寝る前に塗るものなので、痛みが発生すると夜寝れないくらいになります。

なので、かゆくても絶対にかかないでください。

耐えられないくらいかゆかったら、お湯で洗い流して使用を一旦中止するか、水を湿らせたコットンに液を染み込ませて薄めて使ってください。

または、特典の敏感肌用をメインに使ったほうが良いです。

薬局やコンビニで市販されておらず、医療現場で使われていることからも、デトランスαは本格的な多汗症対策に効果が期待できるデオドラントです。

使い方をしっかり守って使用すれば本当に頼りになります。

 

デトランスαの最もお得な購入方法

初めてデトランスαを購入するなら正規代理店の「YOUUP」さんから買うのが一番安全でお得だと思います。

残念ながらデトランスαはドラッグストアやコンビニでは販売していないため、ネットで注文するしかありません。

※あくまで推測ですが、塩化アルミニウムの含有率が関係しているのではないかと思います。 病院で処方されるくらいですから、手軽に手に入れることはできないみたいですね。

代表的なネットショップでデトランスαの価格を調べてみました。(※2018年9月の価格です)

アマゾン 楽天 オオサカ堂 YOUUP(正規代理店)
取り扱いなし 税込2700円〜 税込2620円〜 税込3500円

「正規代理店のYOUUPだと高いから損する・・・」そう感じてしまいますが、正規代理店から購入した場合に限り敏感肌用サンプル」が無料で付いていきます。

もし、通常のデトランスαで「かゆみ」や「肌荒れ」が出てしまったときでも、敏感肌用を買い直すリスクがないのでアトピーの人も安心です。

また、正規代理店以外から購入すると、類似品や偽物を購入してしまう危険性があるほか、海外から直接自宅へ取り寄せることになってしまうので日本語による説明書が付属していません。

管理人
当然、商品に関する問い合わせやアフターケアもまったくないので要注意やで!

1円でも安く購入したい気持ちは十分わかるのですが、初めてデトランスαを購入する場合は必ず正規代理店から購入してください。

デトランスαがおすすめな人

汗が止まらない人

ワキガを抑えたい人

服の汗じみをなんとかしたい人

市販のデオドラントではまったく汗がおさまらない人

多汗症を治したいけど手術はこわい人

子供の多汗症・ワキガをなんとかしてあげたい人

デトランスαをおすすめしない人

比較的汗の量が少ない人

自身のワキガ臭を感じたことがない人

汗じみに困ったことがない人

市販のデオドラントでも十分効果がある人

多汗症手術を受けるつもりの人

子供の汗の量・ニオイが特に気にならない人

※デトランスαの名前について※

実は「デトランスα」という名前は、海外から日本に持ち込んだ時にYOUUPさんが付けた名前で、正式名称は「Perspirex『パースピレックス』」といいます。

そのため、海外や直輸入ショップでは「Perspirex」という名称で呼ばれています。

※製品を見てみるとちゃんと、「Perspirex」と表記されています。

もちろん「デトランスα」と「Perspirex」は中身は全く同じですので効果は同じですが・・それにしてもややこしいですね。

 

さいごに

デトランスαの特徴はなんと言っても制汗力ですが、ワキガ臭の原因となるアポクリン腺も塞ぐことができるので防臭力も非常に強力です。

効果が高いため、副作用として「かゆみ」や「痛み」がでてしまうこともありますが、用法をしっかり守って調節しながら使えば、あなたにとっても本当に信頼出来るデオドラントになると思います。

\今なら40%OFF!先着で特典付き/

 

\今なら40%OFF!先着で特典付き/

 

\ SNSでシェアしよう! /

ワキ無臭LIFEの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ワキ無臭LIFEの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ワキ無臭LIEF編集部

ワキ無臭LIEF編集部

ワキ無臭LIFE編集部は、読者の方が安心してコンテンツを楽しんで頂けるよう、専門書や専門家の意見を参考に、信頼できる情報のみを扱うことに努めています。

この人が書いた記事  記事一覧

  • デトランスαの効果なら多汗症でも普通の生活が送れるようになる理由

  • ノアンデ購入前に必ずチェックしておくべき口コミと向き・不向きな人

  • 【爆買い】人気ワキガクリームを全部使ってランキングにしてみた

  • デオシークは本当にワキガに効果があるのか?体を張って体験してみた!

関連記事

  • 【耳垢】の状態で自分のワキガが判明!?16項目の臭いチェック法

  • 【魔法石】コスパ抜群の制汗剤&デオドラント[ミョウバン]が凄いと話題沸騰!

  • デオシークは本当にワキガに効果があるのか?体を張って体験してみた!

  • ノアンデ購入前に必ずチェックしておくべき口コミと向き・不向きな人

  • 【爆買い】人気ワキガクリームを全部使ってランキングにしてみた