UA-61390701-3
  1. TOP
  2. メンズビューティ
  3. 加齢臭の原因は年齢だけじゃない!知らないと損する4つの習慣とは?

加齢臭の原因は年齢だけじゃない!知らないと損する4つの習慣とは?

加齢臭は家族や会社の部下だけでなく、同じ空間に居あわせた人に不快な影響を与えかねません。

 

誰だって好きで加齢臭を発生させているわけではありませんよね?

年をとると加齢臭が発生してしまうのは、体の仕組みから考えて仕方ないことですが、そのまま放置することはできまんよね。

 

臭い人が周りにいるのは耐えられますが、自分自身が家族や職場で臭いと思われるのは耐えられません。

 

加齢臭は年齢を重ねることで発生する体臭と思われていますが、実は加齢臭が発生してしまう原因は年齢だけではありません。

50代を過ぎてもほとんど臭わなかったり、逆に20代ですでにニオイが出始めてしまっているケースもあります。

加齢臭の原因は単に年をとったからだけではなく、普段の何気ない生活習慣が悪影響し、発生してしまっているケースが非常に多いのです。

加齢臭の原因は年齢によるものだけではなく、普段の生活習慣が引き金となっているケースがとても多いため、しっかり原因を突き止め改善すれば、加齢臭をなくすことができます。

 

今回の記事では加齢臭発生の原因を紐解き、改善するポイントをご紹介します。

 

加齢臭の原因は「ノネナール」

加齢臭は、

  • チーズのニオイ
  • 青臭いニオイ
  • ロウソクのようなニオイ
  • 古書のニオイ
  • 腐った油のニオイ
  • オヤジ臭

など、様々なニオイに例えられます。

一体加齢臭は、どのようなメカニズムで発生するのでしょうか?

実は、加齢臭の原因となるニオイ成分があります。

 

それが、ノネナールです。

 

ノネナールは皮脂腺の中にある「パルミトレイン酸」と呼ばれる脂肪酸が「過酸化脂質」によって酸化されることで作り出されます。

 

本来「パルミトレイン酸と「過酸化脂質」は無臭ですが、2つが反応し合うことでニオイ物質ノネナールを作り出し加齢臭を発生させます。

「パルミトレイン酸」と「過酸化脂質」は年齢とともに増加し、さらに高齢化によって酸化に対する抑止力が低下するため、年齢が上がるにつれて加齢臭が発生しやすくなります。

 

ノネナールを分泌する皮脂腺は手掌・足底を除いたほぼ全身に点在しているので、年齢を重ねた頃には体のあちこちからノネナールが分泌され臭くなります。

「皮脂腺さえなければ加齢臭がなくなるのに…..」

 

と、思ってしまいがちですが皮脂腺は皮膚に潤いを与え、肌を弱酸性に保ち悪い菌から守ってくれる大切な働きがあります。

 

問題は皮脂腺ではなく、増えすぎた脂肪酸過酸化脂質にあります。

 

脂肪酸と過酸化脂質が増えてしまう原因は年齢だけではありません。

  • 脂肪の摂りすぎ
  • 運動不足
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • タバコ・お酒
  • 肥満

などの生活習慣と深く関係しています。

また、加齢臭が強い人は生活習慣病のリスクが高いと言われています。

加齢臭は生活習慣病とも密接に関係しており、加齢臭が強い人は動脈硬化、肝臓病など生活習慣病のリスクを数多くもっている可能性が高い。ワキガ・体臭・多汗 心と体の診療室 五味クリニック

 

加齢臭の大きな原因は年齢ですが、ノネナールを生成する脂肪酸や過酸化脂質が増えてしまう原因は、普段の生活が非常に大きく影響しています。

まとめ

  • 加齢臭の原因は「ノネナール」と呼ばれるニオイ物質
  • ノネナールは脂肪酸の一種「9-ヘキサデセン酸」が「過酸化脂質」によって分解・酸化されることで作られる
  • ノネナールを作る「9-ヘキサデセン酸」と「過酸化脂質」は加齢とともに増える
  • 食事、ストレス、運動不足、嗜好品などによって脂肪酸や過酸化脂質は増えてしまう。

 

加齢臭の原因となってしまう4つの悪習慣

加齢臭の原因は加齢による脂肪酸と過酸化脂質の増加だけではなく、

  1. 食事
  2. ストレス
  3. 運動不足
  4. 入浴

これら4つの生活習慣が加齢臭の原因となってしまっているケースが非常に多いですが、それぞれの悪習慣を断つことで加齢臭対策になります。

また、加齢臭を予防をしていきたい場合も4つの習慣に日々気をつけて生活しましょう。

 

加齢臭の原因①食事

加齢臭の原因と食事は大きく影響しています。

食事で気をつけるべきポイントは、脂質の摂取を抑えることです。

肉類や脂っこい食べ物などは脂質を多く含んでいるため、ノネナールを作り出す脂肪酸を増やしてしまう原因になります。

  • 肉類
  • マヨネーズ
  • バター
  • 生クリーム
  • 卵黄

これらの食材は脂質が大量に含まれているため、注意が必要です。

また、ファーストフードなどもほぼ例外なく脂質が多く含まれています。

脂っこい食べもの加齢臭の原因となるので控えましょう。

お酒やタバコも注意!

また、お酒やタバコにも注意が必要です。

お酒・タバコに脂質は存在しませんが、活性酸素を増やしてしまう原因になります。

活性酸素とは、非常に強力な酸化作用を持つ酸素で、体内のウイルスや細菌を退治する大切な働きをもっています。

しかし、増えすぎてしまうと、肌や血管、内臓などの体の各器官を酸化させ錆びつかせる怖い面を持っています。

加齢臭の原因物質「ノネナール」を発生させる過酸化脂質も、活性酸素によって脂質が酸化させられることで生成されます。

つまり、活性酸素が増えれば増えるほど過酸化脂質がたくさん作られノネナールをより多く作ってしまうことになります。

抗酸化作用のある食べもので加齢臭対策

活性酸素は食事によってブロックすることができます。

抗酸化作用のある食べものを積極的に食べることで活性酸素の発生を防ぐことが出来るので、加齢臭対策に効果が期待できます。

  • ビタミンC
  • ビタミンE

は代表的な抗酸化物質です。

ビタミン Cを多く含む食べもの
  • ピーマン
  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • トマト
  • カリフラワー
  • ユズ
  • レモン
  • キウイ
  • アセロラ
ビタミンEを多く含む食べもの
  • 赤ピーマン
  • しそ
  • 抹茶
  • すじこ
  • アーモンド
  • ヘーゼルナッツ

また、ビタミンC・ビタミンE以外にも、

  • 赤ワイン(ポリフェノール)
  • 大豆(イソフラボン)
  • ゴマ(セサミール)
  • 緑茶(カテキン)
  • 酢(クエン酸)

は抗酸化作用の高い食品なので、積極的に食べましょう。

「脂っこい食べものばかり食べて、大量にお酒を飲んで、タバコで一服」

このような食習慣は加齢臭を悪化させる原因になるので改善しましょう。

 

加齢臭の原因②ストレス

ストレスは活性酸素を発生させ過酸化脂質を作り出すため、加齢臭の原因となります。

ストレスが活性酸素を発生させてしまう原因は3つあります。

1、副腎から出される抗ストレスホルモンによる影響

副腎は腎臓の上にある小さな臓器で、私たちがストレスを感じるとストレスから身を守ろうと抗ストレスホルモンを出します。

抗ストレスホルモンが分泌されるときに活性酸素も一緒に発生させてしまいます。

2、ビタミンCの減少

ストレスを感じると抗酸化作用をもつビタミンCが大量に消費されるます。

ビタミンCが減少することで活性酸素の働きを抑えることができなくなります。

3、緊張による血管収縮

ストレスを感じると、精神が緊張して副交感神経優勢となり血管が収縮します。

血管が収縮することで、一時的に血流が滞ります。

その後、緊張状態が解けて一気に血流が流れ出したときに活性酸素が発生します。

 

実は意外!?なストレスの素

上司に怒られたり、仕事でミスをしたりするとストレスを感じますよね?

この時感じるストレスは精神的要因によるもので、私たちが一般にストレスと捉えているものです。

しかし、ストレスには精神的に感じる要因だけではありません。

例えば、騒音が激しい場所や眩しい蛍光灯の下などにいると身体は疲労し、ストレスを感じます。

不規則な生活リズムや運動不足、偏った食事も身体的ストレスとなり活性酸素を発生させ加齢臭を強めてしまっている原因になっている可能性が高いので注意しましょう。

毎日満員電車に揺られ、デスクワークに明け暮れ、上司から怒鳴られ、忙しくて食事も決まった時間に摂れない……。

このような生活を長年送っていると、ストレスが溜まって大きな病気にかかってしまう可能性すらあります。

適度に運動や休養を取ることを忘れないようにしましょう。

時には羽を伸ばして、遊ぶことも大事ですよ。

 

加齢臭の原因③運動不足

運動不足は加齢臭の原因となります。

加齢臭を発生させるノネナールは、過酸化脂質が脂肪酸を酸化させることで作り出されます。

運動不足は基礎代謝を低下させるため、体に脂肪を溜めやすくさせます。

その結果、体内に脂肪が増えてノネナールが大量発生します。

運動をする習慣がなかったり、通勤や仕事でほとんど体を動かす機会がない場合は注意しましょう。

また、加齢臭とは直接関係はありませんが、汗をかく習慣がない人は汗腺のろ過機能が低下して体臭を発生させやすい汗をかいている可能性があります。

詳しくは→「汗が臭い原因は悪い汗!?サッと臭わない汗に変える6つの改善法」で解説していますので、汗のニオイに悩んでいる方は参考にしてみてください。

適度な運動は一石二鳥

「今日から運動して加齢臭対策だ!」と、意気込むのは素晴らしいですが、注意すべきポイントがあります。

ウエイトトレーニングや短距離走などの激しい運動(無酸素運動)は、一時的に筋肉に血液を集中させる代わりに、内臓などの他の器官に血液を流れにくくさせます。

虚血状態から再び血液が流れる時に、大量の活性酸素が発生するため、激しい運動には注意が必要です。

肉体を酷使する無酸素運動ではなく、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をしましょう。

体を動かすことは基礎代謝の向上だけでなく、ストレス発散にもつながるため、活性酸素の発生を抑えるのに一石二鳥です。

 

加齢臭の原因④入浴

汗や皮脂の汚れは、放っておくと皮膚に蓄積していき加齢臭の原因となります。

日々の入浴は、体についた汚れを落とすための重要な習慣です。

特に皮脂の汚れはシャワーや、お湯で流すだけではなかなか落とすことができません。

加齢臭の原因物質「ノネナール」は皮脂腺から分泌されるため、丁寧に体を洗って汚れを落とす必要があります。

  • 耳の後ろ
  • 背中
  • ワキ

など、皮脂腺が多い場所は加齢臭が発生しやすいポイントなので、しっかり汚れを落としましょう。

入浴時間も大事

入浴は寝る1時間前には済ましょうましょう。

寝る直前に入浴すると、脳温と体温が上がたままの状態で休むことになり、体が必要以上の寝汗をかかせようとするため熟睡が阻まれます。

寝汗を大量にかいてしまう事だけでなく、睡眠の質が低下することで、ストレスや疲労が溜まって、活性酸素が発生しやすくなるので気をつけましょう。

入浴習慣でオススメの加齢臭対策は酢風呂です。

酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があるため、雑菌の繁殖を抑え体臭を予防します。

浴槽にコップ半分程度(100cc)のお酢を入れるだけでカンタンにできる点も魅力的です。

また、酢には抗酸化作用があるためそのまま飲んでも加齢臭対策になります。

 

加齢臭の原因となる習慣チェック表

加齢臭の原因となる生活習慣を以下にまとめてみました。

心当たりが多い方は、加齢臭の原因となる習慣を改善しましょう。

肉・脂大好き
味が濃い食べものが好き
野菜嫌い
食事を摂る時間が毎日違う
一回の食事で大量に食べる(ドカ食い)
毎日お酒を大量に飲む
1日10本以上タバコを吸う
就寝時間・起床時間がバラバラ
ストレスを溜めやすい
デスクワーク中心でほとんど身体を動かさない
入浴は湯船に浸かるよりシャワーが多い
寝る前に入浴する

 

加齢臭だけが原因じゃない!?高齢化による体臭

年齢を重ねると体臭も変わっていきます。

加齢臭も年齢に伴い、体が変化することで発生する体臭です。

しかし、年齢が原因で発生する体臭は加齢臭だけではありません。

年をとって体臭が変化して、すぐに加齢臭だと判断するのは早合点かもしれません。

加齢臭だと思って一生懸命対策をしていたら、実は全く違う体臭だった….なんてこともあり得ます。

 

ミドル臭

ミドル臭はいわゆる20代半ば〜40代の「ミドル年齢の男性」に多い体臭で、「使い古した油のニオイ」に例えられます。

加齢臭とミドル臭はニオイの性質が近いことから、よく間違われることが多い体臭ですが、ミドル臭の方がニオイが強く不快とさえ言われています。

ミドル臭の原因物質は「ジアセチル」で、汗に含まれる乳酸が皮膚に住み着いている常在菌によって分解・代謝されることで生成されます。

常在菌によって分解され作り出されたジアセチルが、頭皮の皮脂と混ざり合うことでミドル臭が発生します。

加齢臭とミドル臭はニオイの発生する原因こそ違いますが、ニオイの性質や年齢を重ねることで発生する点は同じなため、間違いやすいと言えます。

まだ年齢が20〜30代にもかかわらず、

「まさかもう加齢臭が!?」

と、不安に感じる時はミドル臭を疑ってみましょう。

ミドル臭の詳しい原因や対策法に関しては、【不快なニオイ第1位】“ミドル脂臭”で本気で嫌われる前にやっておくべき5つの対策法!で説明しているので参考にしてください。

 

疲労臭

疲労臭はアンモニアのような「ツン」としたすっぱいような体臭を発生させます。

加齢臭とはニオイの性質が異なりますが、疲労やストレスによって肝臓の解毒作用が低下して、処理きれなかったアンモニアが、血中に取り込まれることによりアンモニア臭が発生します。

疲労臭は40代に多くなると言われていて、現代のストレス社会で生きる私たちにとって、身近な体臭と言えます。

激務に追われ、ストレスにさらされやすい職場環境で過ごしている働くサラリーマンは、定期的に休養する時間を設けたり、運動や時間を忘れて没頭できる趣味を持つことが大事です。

 

まとめ

加齢臭の原因は年齢だけでなく、長年の生活習慣が蓄積して発生ます。

加齢臭の原因となる食生活、喫煙、飲酒、ストレスなどは、生活習慣病と深く関係しているため、不健康なほど加齢臭は発生しやすいと言えます。

今回を機に健康のためにも加齢臭の原因となる生活習慣を断って、規則正しい健康的な生活習慣を身につけましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

Lifeworkersマガジンの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Lifeworkersマガジンの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

Lifeworkersマガジン編集部

この人が書いた記事  記事一覧

  • 引き寄せの法則の効果は本当?成功者の体験から紐解く夢実現のコツ

  • 引き寄せの法則のやり方と実践法をゼロから丁寧に解説してみた

  • デオシークは本当にワキガに効果があるのか?体を張って体験してみた!

  • 【加齢臭】臭う人には意外な原因が!4つの対策法まとめ

関連記事

  • 【頭皮が臭い!】今すぐ始めるべき頭皮の臭いを消すための8つの対策

  • 【魔法石】コスパ抜群の制汗剤&デオドラント[ミョウバン]が凄いと話題沸騰!

  • 体臭を消す方法 5つのポイントだけで7日で無臭になる方法!

  • 【ストレス】ワタシ・・・臭ってる?体臭から病気が判明!原因と対策一覧

  • 【保存版】今すぐ体臭とオサラバ!臭いの原因と予防法まとめ

  • 【加齢臭】臭う人には意外な原因が!4つの対策法まとめ